Q.粘土ってどうして焼くと固まるの?

粘土は焼くと縮み、固くなり元には戻りません。

陶磁器が焼くことによって固まるのは熱によって粘土内に含まれる長石(ガラス成分)が溶け、接着剤のような役目を果たすからです。

金属を一旦溶かして、型の中で固める鋳造と違い、融点より低い温度で細かい粒子の表面だけが隣の粒子とくっつき塊になる焼結という現象です。

金属程の強い結合ではないため、陶器は落とすと割れてしまうこともあります。


監修:陶芸教室ゆう工房


土本来の質感を味わえる焼き締めが選べる陶芸体験はこちら


自然の粘土からつくられる陶器のご購入はこちら